[+]チラシ

[+](プラス)上映会のチラシは、牧野貴が手作りで版を掘って、1枚1枚心を込めて刷ったものゆえ、かなり希少なものです。高円寺南口のレンタルCDショップ「スモール・ミュージック」にほんの少し置かせていただきました。見かけたら1枚持ち帰って大事にしてくださると嬉しいです。ほとんど手渡しで、既に手元にはないのです。
上映作品の写真もそろってきて、徐々に全貌が見えてきました。
http://makinokino.exblog.jp/13080111/

以下、Small Musicで久々に借りたもの。
■Bill Laswell / Imaginary Cuba
キューバ音楽を再構築・ダブ処理した、ビル・ラズウェルらしい作品。しかし、アフロ・キューバンのオープンエアーな雰囲気が、すっかり冷え冷えのクールな仕上がりになってて残念。
■Basic Replay
ミニマル・ダブを確立し、90年代以降のクラブミュージックに計り知れない影響を与えたテクノ界最重要ユニットBasic Channel(その後、レゲエに接近した別名義のRhythm&Soundも必聴)による、レゲエ・ダブ発掘プロジェクト。強烈なダブをコンパイルした1枚。
■Ravi Shankar / A Morning Raga/An Evening Raga
世界的に有名なシタール奏者の68年の瞑想的な作品。ゆっくりと始まり、タブラ・タンブーラが加わって複雑に展開していく、昇天パターン。
■master of percussion vol.3
アフリカンパーカッションの粋を集めたコンピ。Mamady Keïta、GUEM、AKACOMBE、SAF PERCUSSIONSなどなど。リズムのバリエーションとグルーブに圧倒されます。
ジャンベの教則DVDも借りた。これからパーカッショニストを目指します。(ウソ)
■Drums and Djembes of Burukina Faso
■Mamady Keïta Les Rythmes Du Mandeng vol.1
本当は、どのように身体を使って音を出しているか知りたかったので。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this pageEmail this to someone