[+]25FPS

plus25FPS.jpg
2011年8月5日(金)
[+]プログラム 18:30 開場 19:00 開演 (トークゲスト: 石田 尚志)
8月6日(土)
The Best of 25FPS プログラム 15:30 開場 16:00 開演
[+]プログラム 19:00 開場 19:30 開演 (トークゲスト: 阪本 裕文)
8月7日(日)
The Best of 25FPS プログラム 15:30 開場 16:00 開演
[+]プログラム 19:00 開場 19:30 開演(トークゲスト: 中原 昌也)
料金 : 1プログラム \1500(1ドリンク付き)
@渋谷UPLINK FACTORY
予約はこちらで→http://www.uplink.co.jp/factory/log/004061.php

“The Best of 25FPS Program”の全ての配収は東日本大震災の義援金として寄付いたします。

[+]25FPS
2011年の[+]の本祭は「世界で最も先鋭的でエキサイティング!」と、近年その名を世界に轟かせるクロアチアの国際実験映画祭25FPS(※)と共同開催致します。

[+]プログラムは「未知の可能性をつなぐもの」をテーマに7作品をセレクト。 Nova Paulによる7色の優しい幻想 This is not dyingから始まり、世界の4つの架空の島を夢想し観察するBen RiversのSlow Actionまで続く一連の作品群は、鑑賞者の心とスクリーンの間にかけがえの無い虹の架け橋を創造する事になるでしょう。 また The Best of 25FPSプログラムでは映画祭の過去6年間の上映作品より、 世界と行動の関係や抽象的なイメージと音のなかに物語を探求するオランダのTelcosystemsの作品や Pekka Sassi異色のホラー映画(?)Sisäinen lähiö等8作品を選出。世界の強剛な映画たちが鮮やかに光を放ちます。 対照的とも言える[+]プログラムと 25FPSプログラム。心に架かる2つの架け橋を是非合わせてお楽しみください。 また夜の上映後には、毎日異なったゲストを招いて熱気高まるトークを行います。

※ about 25FPS Experimental Film and Video Festival: 例年ザグレブで開催される国際実験映画祭。 2005年、実験映画という映画分野の怠慢な状況に対するリアクションとしてクロアチアの首都に設立。 当初より完全にフィルム/ビデオのために捧げられた映画祭を目指した。熱狂的な観客が集まり、今では毎年8000人程の人々がこの映画祭を訪れる。 映画祭がこれだけ多くの観客を集めていることの大きな理由の一つとして、入場料が無料という事実がある。 – Mirna Belina(25FPS)
http://25fps.hr/2011/

[+]では、チラシ配布、WEBでの宣伝などに協力して下さる方を募集しています(関東・関西ともに)。お気軽にメールをお送りください。 info[at]plusscreening.org

↓プログラムは英語案内の下にあります。
5 August. 2011(Fri.)
[+]program open/18:30  start/19:00 (talk-show guest: Takashi Ishida / Filmmaker, Artist)
6 August. 2011(Sat.)
The Best of 25FPS program open/15:30 start/16:00
[+]program open/19:00  start/19:30 (talk-show guest: Hirofumi Sakamoto / Film and new media critics)
7 August. (Sun.)
The Best of 25FPS program open/15:30 start/16:00
[+]program open/19:00  start/19:30 (talk-show guest: Masaya Nakahara / Musician, Novelist)
admission fee :1,500 yen (with 1 drink)
@UPLINK FACTORY http://www.uplink.co.jp/uplinkinfo/index.php

All proceeds from “The Best of 25FPS Program” will be donated to the Tohoku Earthquake relief efforts.
■[+] program
This is not dying – Nova Paul 20min Newzealand
TRYPPS ♯7 BADLANDS – Ben Russell 2010 10min America
Space Time Dog – Nikolaus Eckhard 6min Austria
Endeavour – Johann Lurf 16min Austria
Emaki/Light – Makino Takashi & Ishida Takashi 19min Japan
Slow Action – Ben Rivers 45min UK

■The Best of 25FPS Program
1859 – Fred Worden,America, 2008, original format Video, 11’00”
Trash and no star! – Karl Lemieux & Claire Blanchet, Canada, 2008, original format 16 mm, 06’45”
Materia Obscura – Jürgen Reble, Germany, 2009, original format HD 14’00”
Kosmos – Thorsten Fleisch, Germany, 2004, original format 16 mm, 05’15”
Scape_Time – Telcosystems, Netherlands, 2007-2011, original sound 5.1 surround, 08’21′’
Trees of Syntax, Leaves of Axis – Daïchi SaÏto, Canada, 2009, original format 35 mm, 10’00”
Night Sweat – Siegfried A. Fruhauf, Austria, 2008, original format 35 mm, 10’00′’
Sisäinen lähiö – Pekka Sassi, Finland, 2009, original format Video, 11’20”
“The Best of 25FPS Program” would not exist without 25FPS and many splendid filmmakers and artist’s cooperation.

About 25FPS
Festival 25 FPS is organized by Association for Audio-visual Research 25 FPS. The festival is supported by the Office of Culture City of Zagreb, Croatian Audiovisual Centre , Ministry of Culture Republic of Croatia and Student Centre University of Zagreb. Festival takes place at Student’s Centre in Zagreb, Savska 25. 25 fps denotes the number of full video frames per second as used in the European PAL video system, in contrast to film’s 24 or NTSC video system’s 30 frames per second. website http://25fps.hr/2011/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this pageEmail this to someone