9/23 swim

tumblr_nayr83yQhd1qa7hupo1_1280.png
swim
2014/09/23/tue
18:00op/19:00st/fee:2000jpy+1d
at/
pool (sakuradai tokyo) http://mdel.co.jp/pool/
東京都練馬区桜台1-7-7 シルバービル地下2階
西武池袋線『桜台』駅(北口)徒歩2分

act/
Kazushige Kinoshita + Manabu Suzuki + Takuya sakamoto
Takahiro Kawaguchi + Makoto Oshiro
Shinkan Tamaki + biki
Mitsuru Tokisato

木下和重 Kazushige Kinoshita
音楽家、ヴァイオリン、パフォーマンス。レーベル『tenseless music』主宰など。
ヴァイオリンそれ自体から発せられる現象としての音に着目し、圧力や摩擦という身体行為との対話によって生まれる音を時間上へ布置させる即興演奏を特徴とする。
http://kinok.seesaa.net/

鈴木學 Manabu Suzuki
音楽、アート、ダンスのためのハンドメイドエレクトロニクス
ハンドメイドエレクトロニクスを使用した即興演奏
ダンサーのための無線装置
ハンドメイドエレクトロニクスを使用したサウンドアート
the hand-made electronic device for music,art and dance
free improvisation on the hand-made electronic device
the wireless device for dancer
sound art by the hand-made electronic device
http://www.geocities.jp/ijnsz/

坂本拓也 Takuya sakamoto
プロジェクターの光を使ったパフォーマンス及び作品制作、様々なオブジェを使った“謎の作業”、“謎のゲーム”等のパフォーマンスを行う。また自身のユニット“information”、中野静佳とのGobekli Tepe、木下和重のユニットGENESisに参加。
http://d.hatena.ne.jp/loopline/
川口 貴大 Takahiro Kawaguchi
主に音のなるオブジェクトやさまざまな光や風、身の回りにあるモノを自在に組み合わせることで、空間全体をコンポーズしてゆくようなライブパフォーマンスやインスタレーションの展示、音源作品の発表を行う。ソロの他に大城真、矢代聡との謎トリオ“夏の大△”、自身の作曲作品を演奏するバンド“Hello”(休止)村山政二朗、宇波拓、ユタカワサキとの“off-cells”(休止)、アキビン吹奏楽団“アキビンオオケストラ”、スライドホイッスルアンサンブル“Active Recovering Music”、“ユタカワサキバンド改めucnvバンド”(休止)のメンバーでもある。今年は今のところ、パフォーマンスアートのフェスティバルFestival Bo:m(韓国)や音楽フェスティバルMultiple Tap(ロンドン)でパフォーマンスをやったりしました。
Born in Osaka, 1980. In 2000, Kawaguchi started thinking about field recordings. His interest lies not in the kind of feld recordings that focus on sound tones obtained in the field, but on the configuration of sound in a specific space. He creates recorded works using sound-making objects, presents installations, and is active in the field of improvised music.
http://takahirokawaguchi.tumblr.com/

大城真 Makoto Oshiro
1978年、沖縄県生まれ。電子機器やジャンク、身近な素材を組み合わせて制作した、演奏・作曲のための楽器や道具を使ったライヴ・パフォーマンス、またそれと平行して、音・光・動きによるインスタレーション作品の制作などをおこなっている。
Born in Okinawa, 1978.
Makoto Oshiro graduated from the Musicology Department, Osaka University of Arts. For live performances, he uses instruments and implements for playing and composing, which he makes by combining electronic devices, junk, and everyday materials. He also creates installation works using sound, light, and movement.
http://www.makotooshiro.com/

田巻真寛 Shinkan Tamaki
映像作家(仮)。2006年からフィルムによる映像制作を始める。フィルムの物質性を引き出しながら、イメージと非イメージの境界や映像と音の狭間を行き交い、知覚の変化を促すことを主題としている。ロッテルダム国際映画祭を始め、海外での上映が続いている。また、近年は光学現象を映像に変換するパフォーマンスも行っている。
Experimental filmmaker and pilgrim in search of never-before-seen images and new perceptual experience. Main theme is to lead the audience’s perception to change naturally and sometimes drastically by coming and going across borders between abstract and concrete images, sound and image with extracting film’s materiality. The works have been screened at internationl film festivals, including International Film Festival Rotterdam. Recently, He performs to transform optical phenomenon into moving image.
http://shinkantamaki.net/

biki
1981年生まれ。 2000年頃から、ハードウェアのシーケンサーでループファイルを作っている。作ったファイルを使った演奏もしている。 また、2008年頃から、身の回りの物や自作の装置を使ったライブをしている。 練馬区桜台の地下室《pool》の運営にも関わっている。
http://biki.tumblr.com/

時里 充 TOKISATO MITSURU
1990年兵庫県生まれ.2010年岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー,2012年多摩美術大学卒業.カメラや画面に関する実験と観察を行ない,それを元に作品を制作している.主な展覧会に,「照準と流出」(2012 土居下太意との二人展),「Extended Senses 3rd」(ソウル,2012),「いま、映像でしゃべること?」(2013)など。
Born 1990 in Hyogo. Graduated from the International Academy of Media Arts and Sciences in 2010, and from Tama Art University in 2012. His works based on observations and experiments with cameras and screens have been featured at exhibitions including “Alignment & Outflow” (together with DOISHITA Tai, 2012), “Extended Senses 3rd” (Seoul, 2012), and “Orality in the Moving Image” (2013) among others.
http://tokisato.info/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this pageEmail this to someone