現行の作家で映画用フィルムについて世界で最も熟知していると思われるオーストラリアの実験映画作家Richard Tuohyが主宰するArtist Film Workshopが3冊目のマガジンを発行。今回はアジアのアナログフィルムを用いた個人制作の現状を紹介したいとのことで私に原稿依頼がありました。最近はフィルムの現像とかやってないので自分のことは短めにして、現在も積極的にフィルムを使用して制作を続けている北海道の大島慶太郎さんと東京の石川亮くんに制作に関する技術的なことと環境についてシンプルなインタビューをさせて頂きました。

台湾のフィルム事情やリチャードの自作コンタクトプリンターの記事など非常に興味深い内容となっているので、興味ある人は購入してみてください。今回実現しなかった韓国、インドネシア、フィリピン、北京の非商業ラボ、作家からの寄稿も期待したいところです。

Long awaited FILM IS Issue 2 (the 3rd edition) is now available! Film Is is the journal of the Melbourne artist run film lab Artist Film Workshop. It is what is going on in celluloid experimental film in Australia right now! Issue 2 (the 3rd) also has a special focus on experimental film film in the Asian region. This edition is a whopping 152 pages of Film Is goodness! Cost is just $12 AUD. Back issues of Issue Zero and Issue 1 have also just been reprinted. $10. Postage: for one Issue within Australia $4, or 2 or 3 issues $8. Internationally: one issue $8 or 2 or 3 $15. (prices are Australian Dollars). Email richard@nanolab.com.au or fb message. Get yours today!

richard[at]http://nanolab.com.au 宛にFILM IS Issue 2 (the 3rd edition)を買いたいと連絡すれば、送料込みで1600円位で買えます。