ちゃが馬七夕 2017

今年も光を奉納します。今回は田巻真寛(映像)+浦裕幸(音)+山口晋似郎(音)のトリオで、神社境内の神楽殿にて。出番は19時ごろから約30分。入場無料、素敵な出店、スライド紙芝居やワークショップなどお子様連れも楽しめますので、夕涼みをしに来てください。

「ちゃが馬七夕」
平成二十九年 八月六日(日)夕方五時〜夜九時まで
主催・会場 石神井氷川神社
住所 練馬区石神井台 1ー18ー24
*車でのご来場はご遠慮ください。
協力:井

[ちゃが馬]
茅(ちがや)を編んで作った馬。練馬で古くから伝わる七夕行事として茅で馬を作る風習があった。夏越しの茅の輪くぐりなどに見るように、茅には魔除けの力があるとされ、七夕行事として「ちがや馬」を作って農作物の豊作や無病息災を祈願した。

■出店者
AC上石神井+Tuscita
ハーベスト+たわわな
スノウドロップ
Le Jambon
Bar&Cafe Sprout
OMG TRUCK
東京ワイナリー
権蔵焙煎所
世界アトミ食堂(カレー)
photo Venus(撮影会&フォトフレーム作成)
curious(雑貨)
オトヅレ(夏を涼む音あそび)
南田中図書館(スライド紙芝居)
井のいち文庫

■神楽殿ライブ
筒井延隆
田巻真寛+浦裕幸+山口晋似郎
引田香織(熊本比呂志、奥野裕介)

■浴衣着付けサービス
当日16時〜18時まで一人800円で着付けします。(社務所にて)
浴衣、補正用にタオル2〜3枚、腰紐2本、伊達締め1本をご用意ください。

●ワークショプ
*ちゃが馬づくり
監修・指導 奥野雅司(石神井氷川神社宮司)
参加費500円 *材料がなくなり次第終了

*ハニカムペーパーで作る七夕飾り curious craft cafe
ハサミで切って、開くだけで平面から立体が作れるペーパーで七夕飾りを作ります。
参加費500円 なくなり次第終了

*夏を涼む音遊び Creative Music Education オトヅレ
風鈴の音色に耳を澄まし、トーンチャイムの涼やかな響きと共に夏を涼む唄を楽しみます。
18:15〜
参加費1000円(子ども無料)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

Sound Screening Vol.5

©Shinkan Tamaki

Sound Screening Vol.5

視覚と聴覚の拡張を探究するイベントの第5回目。物理の要素や現象を自作装置によって捉え、新たな視点で提示する佐藤実は、光・熱・音の相互作用を鑑賞する作品などを発表予定。田巻は、太陽光の移動を撮影し、地球の自転(時間)、大気の変化、空間の形状などを観察する新作映像を上映します。

2017/7/2(日)
開場 16:30
開演 17:00
入場料 ¥1,500(+1ドリンクオーダー)

〈出演〉
佐藤実 / minoru sato –m/s
田巻真寛 / Shinkan Tamaki

〈会場〉
東京おかっぱちゃんハウス
東京都練馬区上石神井3−30−8
西武新宿線 ”上石神井駅”北口より徒歩5分
https://www.okappachan.com/
ご予約は、mare_films[at]yahoo.co.jp (田巻)まで、お名前と人数をご連絡ください。
会場にはおむつ替えと授乳のスペースもございます。他のお客様への配慮をお願いすることもございますが、小さいお子様連れもお気軽にお越しください。 後方の座席を予約することも可能です。また、会場併設のバーでは軽食やドリンクを販売します。

〈出演者プロフィール〉
佐藤実 / minoru sato –m/s
自然記述と美術表現の関係に関心を持ち、物理現象と多様な概念によるインスタレーション、パフォーマンスなどの制作活動を行う。またソロやASUNAとの共作など幾つかの音楽活動も行う。1994年-2006年レーベルWrKを運営。近年は作曲家Alvin Lucierの研究に勤しんでいる。
http://www.ms-wrk.com/

田巻真寛 / Shinkan Tamaki
見たことのないイメージと新しい知覚の気づきを求め、主に映像とそれに関連した作品を制作する。抽象と具象の境界やイメージと音の狭間を行き交う作品、メディアの物質性に着目し、フィルムを造形物として映像に応用した作品などがある。ロッテルダム国際映画祭、カナダのメディアシティ映画祭での上映をはじめ、スペインで最もコアな実験映画祭(S8)に招待されるなど、海外での上映が続いている。近年は光学現象を映像に変換するパフォーマンスも行っている。
http://shinkantamaki.net/

©minoru sato

–English–

“Sound Screening” explores expansion of visual and auditory sensation. minoru sato –m/s is an artist who captures physical elements and phenomena by his self‐made device. He will show a work about interaction of light, heat and sound. Shinkan Tamaki will show his latest video work which observes earth rotation, change in the atmosphere, spatial form, and so on.

2nd July 2017, Sunday

open 16:30
start 17:00
admission¥1,500 with 1 drink order

〈line-up〉
minoru sato –m/s
Shinkan Tamaki

〈Venue〉
TOKYO OKAPPA-CHAN HOUSE
3-30-8 Kamishakujii Nerima-ku Tokyo
Map https://goo.gl/maps/jBVEq
Kami-Shakujii Sta. on Seibu-Shinjuku line, 5 minute walk from North exit.
https://www.okappachan.com/

To make a reservation, please send an email to mare_films[at]yahoo.co.jp.

〈profile〉
minoru sato –m/s
minoru sato -m/s is a japanese artist. he has an interest in a relationship between a description of nature and an art representation, and he is creating art works per physical phenomena and various concepts. in addition, he has several music projects – solo, collaboration with ASUNA and so on. He had run an artist label called ‘WrK(1994-2006)’ Moreover, He has researched Alvin Lucier’s works lately.
http://www.ms-wrk.com/

Shinkan Tamaki
Born in 1982, Japan. Artist in search of never-before-seen images and new perceptual experience. He started making moving image with 16mm film in 2006. Main theme is to lead the audience’s perception to change naturally and sometimes drastically bycoming and going across borders between image and non-image, sound and image with extracting film’s materiality. The works have been screened at many film festivals, including International Film Festival Rotterdam. Recently, He performs to transform optical phenomenon into moving image.

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this pageEmail this to someone