Media City Film Festivalのレビュー

passages_still_S.jpg
昨年のカナダのMedia City Film Festivalのレビューがスペインのコアな映画マガジンLUMIEREに掲載されています。私の作品”Passages”についても書かれています。スペイン語とフランス語のみです。グーグル翻訳で雰囲気だけつかめました。恐らくとても良いことが書いてあります。この人は完璧に意図を読み取っているように思えます。
以下、グーグル翻訳(スペイン語⇒日本語)

新興の実験的な映画製作者の中では、日本のシーンは隆牧野と新館玉置として抽象化し、光の分野で特に興味深い映画製作者を、際立っている。後者はメディアシティで彼の映画を発表しパッセージ(2013)、エレガントなモダニストとミニマリストフィルム。この映画の製作のために立ち上げデバイスが美しく、精神的な結果で、簡単です。風に上昇し、カメラのレンズの前に配置された光の点滅と流れる白い布でHDで撮影し、白黒で、フレームが隠されている。景観が明らかとライトグレーの範囲で、海と空の間、地平線上の行に減少し、精製される。ファブリックはフレーム全体を覆っているとき、画像は、白黒白で映画スクリーン白い布の表面と呼ぶ。風が上昇すると、それは映画の画面が飛ぶかのようだが、錯覚は、すぐに風景投影された画像が表示されただけの瞬間を、続く。反射性は、映画の投影装置の基本的なパラメータの意識の中に白い画面や光で構成され、正常に現れている。映画制作者は、メタ映画のの重さの落とし穴を避けることができます。黒と白の光技術HDは、画像をいくつかのストロークで、優しくかつ効果的に本質を捉え、紙に近いスケッチ、鉛筆、灰色の紙の空中軽さを提供します。以下の原理は、よりは、ここで確認されている。

フランス語⇒http://www.elumiere.net/exc…/media_city_14/media_city_fr.php
スペイン語⇒http://www.elumiere.net/ex…/media_city_14/media_city_esp.php

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+Share on LinkedInPrint this pageEmail this to someone